診療案内

入れ歯

残念ながら歯を失った方に対する治療法の一つに入れ歯があります。大きく分けて総入れ歯(全く歯の無い人)と部分入れ歯があります。安定したしっかり噛める入れ歯をつくるには厳密な審査、診断を行い、適切な設計、精密な型取り・かみ合わせ、装着後の調整が必要です。さらに精密な入れ歯や使用する材料によっては保険適用外のものもあります。当院では型取りの方法・材料から違いがありますのでよりご満足いただける入れ歯をご提供できると考えます。

入れ歯の種類

種類 特徴 保険 金額
レジン床 価格安価 型取りが楽
スルフォン床 価格安価 型取りが楽 レジン床より装着感がよい
金属床 装着感がよい、自然な口元、よく噛める、壊れにくい 25万円〜
保険外レジン床(精密義歯) 装着感がよい、自然な口元、よく噛める、壊れにくい、はずれにくい 25万円〜
エステティックデンチャー 金属の留め金がない 10万円〜

※ 保険外の入れ歯は 型取りの方法・材料から違ったものを使用します。

ページトップへ