診療案内

むし歯

むし歯の程度によりますが、最小限にむし歯を除去し 白い詰め物や金属の詰め物でなおします。できる限り神経を残す(歯の寿命を長くする)よう心がけていきます。一度治療した歯もまたむし歯になることがあります。当医院では治療のやり直しの必要が無いよう進めていきたいと考えます。

むし歯の治療〜ご参考までに〜(個人差がありますので一般的目安です)

  C0 C1 C2 C3 C4
症状(いたみ 無痛 無痛 自覚症状なし(ほとんど) 甘いもの冷たいものがしみる 痛い・しみる・無 痛い・しみる(まれに無)
症状(みため 白濁・白斑 茶色く着色 小さなむし歯 象牙質までむし歯が進行 神経やその近くまでむし歯が進行 歯全体がむし歯
処置方法 ブラッシング指導など 要観察・削らず虫歯の溝を治療 虫歯を削ってつめものをすることも有 虫歯を削ってつめものをする 歯随治療(神経の治療) 抜歯
レントゲン ×
症状(いたみ × × × △(個人差有) ○(状態による)
MEMO フッ素で再石灰化可能、削らずに治せます     治療後の様子をみ、痛みがでれば神経をとる 治療回数が数回に渡る  
ページトップへ